こんにちは。暑くなってきましたね♪

8月8日(土)13:00~14:30はオンラインZoomで「風の時代の氣功体操」を開始することになりました。
※内容、お申込み方法など詳しくはこちらをご覧ください。

今日は「風の時代の氣功体操」のなかにでてくる「十種神宝で唱えられたひふみ祓詞と氣功体操」についてお伝えしますね。「生体電流を整えるクンダリーニ呼吸法」のあとで行う氣功体操にでてきます。ちょっと難しくなりますが意味が分かっているととらえやすいと思いますのでお付き合いください。

十種神宝はトクサノカンダカラと読みます。
説明が難しいのでウィキペディア先生にお任せしました。↓

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

十種神宝(とくさのかんだから)は、『先代旧事本紀』「天孫本紀」(巻3)に天璽瑞宝十種(あまつしるし-みずたから-とくさ)として登場する10種類の宝物。記述によると饒速日命(にぎはやひのみこと)が天降りする際に、天神御祖(あまつかみみおや)から授けられたとする。
 
☆十種の神宝

沖津鏡(おきつかがみ)
辺津鏡(へつかがみ)
八握剣(やつかのつるぎ)
生玉(いくたま)
死返玉(まかるかへしのたま)
足玉(たるたま)
道返玉(ちかへしのたま)
蛇比礼(おろちのひれ)
蜂比礼(はちのひれ)
品物之比礼(くさぐさのもののひれ)

ウィキペディアよりhttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%A8%AE%E7%A5%9E%E5%AE%9D

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
この十種神宝を使うときに唱えられたものの一つがひふみ祓詞(ひふみはらえことば)なんです。※祓詞は祝詞(のりと)の一つ。
ひふみ祓詞はとてもパワフルで災いを幸に転ずると言われています。

この祓詞を音にのせて歌うように♪発声しながら、神経を緩める美生タッチで触れていくと…気持ちよ〜く詰まりが溶けていくのです💓
 
ひふみ祓詞は3回1セットで続けるとよいとのことで、氣功体操とペアにすることで体操しながら唱えられていいなぁと思っています。体と心のケアによかったら使ってくださいね。

smile:) mari